Bruce Osborn

Bruce Osborn

http://www.bruceosborn.com

南カリフォルニア出身
来日後は、ファッション、広告、エディトリアル、音楽、テレビCMなど幅広い仕事をしながら、ライフワークとなる日本の親子写真を撮影。33年間撮影し続けている。2003年に「親子の日」を提唱。ソーシャルアクションを通じて写真の可能性を追求し多くの共感を得ることが出来た。親子写真や東日本大震災後の活動を追ったドキュメンタリー映画「OYAKO」が完成。東京都写真美術館での上映会をかわきりに、現在も各地で上映中。
10年ほど前、海の近く、神奈川県葉山町に移住。ビーチコミング(浜辺でさまざまな漂着物を拾い集めて観察しながら散策すること)で収集したものから受けたインスピレーションを新しいテーマとして挑戦中。

参加展覧会